WEDGWOOD

WEDWOOD BY 仁美

世界基準の日本の美意識
それを叶える名窯の卓越した技術

展示情報
WEDGWOOD by Hitomi Hosono の世界を
堪能できる機会を、ぜひお見逃しなく。

  • 10月31日(木)~11月26日(火)
    LEXUS MEETS...(東京ミッドタウン日比谷1F)
  • その他日程は近日公開予定
  •  
  • 11月24日(日)AM10時頃
    ラジオ「J-WAVE ACROSS THE SKY ~LEXUS STORY OF "CRAFTED"~」ON-AIR
    Hitomi Hosonoコレクションの作者である細野仁美氏が紹介されます。

土と話す陶芸家、細野仁美氏。ロンドンの大英博物館やヴィクトリア&アルバートの美術館にその才能を認められた日本人アーティストが、ウェッジウッドの「アーティスト イン レジデンス」プログラムに選ばれ、WEDGWOOD by Hitomi Hosonoコレクションが誕生しました。「自然の中の美しさ」を意識したこのコレクションは、自然界にあふれる花や葉のありのままの姿をリアルに再現したモチーフと、やわらかい色合いのジャスパーとのハーモニーが特徴です。そっと揺れるような風や、木漏れ日の穏やかさをを感じさせる―優しい佇まいながら、都会の喧騒で忘れかけた自然の癒しを思い出させてくれます。いずれも世界限定数が設けられた希少なアイテムで、バックスタンプにはウェッジウッドのロゴと共に、細野仁美氏の漢字のサインも刻印されています。
9月4日日本発売開始。

細野仁美氏プロフィール

  • 細野仁美氏プロフィール

    1978年岐阜県生まれ。
    金沢美術工芸大学卒業。イギリスを拠点に活躍する陶芸家。イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて修士の勉強をする傍ら、ウェッジウッドの工場でインターンをしていた経歴を持つ。葉や花を模した非常に繊細で躍動感あふれる作品を得意とする。彼女の作品は、大英博物館やヴィクトリア&アルバートなどでパーマネントコレクションとして展示されている。

「今、現代に生きている人々は、
自然を求めている」(細野氏)

伝統あるブランドとのコラボレーションで細野氏が表現したかったのは、現代に生きている人々が求めているもの。それは、飾らない、ありのままの自然でした。そよ風に揺れる花、各々が咲きたい場所で咲き乱れる様子、また、花びらが映し出す陰影・・・。2世紀半近い歴史をもつジャスパーの型のアーカイブから、気持ちに響くモチーフを選びだし、ウェッジウッドの熟練の職人と何度となくテストピースを作り、実験と工夫を重ねることで、彼女のこだわりとアイデアが作品として実現しました。
「難しいことが本当にいっぱいありました。でもそこで諦めることなく、みんなに相談することで、解決策を一緒に編み出してもらったんです。普段の私は、ひとりでロンドンのスタジオにこもって作業しているのですが、ウェッジウッドでの仕事は『チームって素晴らしい』と思える経験でした。」(細野氏)

土に記憶を宿す挑戦。
たおやかで、かつ、生命力のある作品

「植物を触ったその記憶を土に宿したいと思っていて、自宅との往復の時間では、公園などを通りながら、いろいろな植物を触っています。変な人と思われているかも。」と笑う細野氏。今回の企画において、ウェッジウッドからのリクエストは、ウェッジウッド独自の素地ジャスパーを使うこと、希少数のアートピースであること、そして、世界中の市場に受け入れられる美であること、でした。細野氏は、自然界に存在する形にこだわるだけでなく、落ちる影が美しく映える、極めて白に近い淡い色、例えるなら和菓子のような繊細で艶やかな色合いにもこわだりました。完成したのは、大胆かつ繊細、ユニバーサルでありながら前衛的なデザイン。粘土という素材を用い、たおやかでありがなら、静かな躍動感を感じさせ、まさに希代のアーティストの存在を存分に世に示しました。

WEDGWOOD
by Hitomi Hosono

  • Shōka (昇華) Vase
    世界限定: 5ピース
    [大英博物館所蔵]
    ウェッジウッドのアイコンとも言うべき「ポートランド ベース」をHitomi Hosono 流に解釈。ターコイズ色のジャスパーにシダの葉のモチーフを、ふんだんかつ繊細にあしらっています。
  • Kasumi (花霞) Vase
    世界限定: 5ピース
    ひとつひとつ手作業で施されたデイジーの花々が、重なり合いながら花瓶の口元からあふれだすかのようなデザイン。自然界にある花のように、 風にゆれる様や自然な陰影にこだわって重ねた緻密なレリーフが圧巻です。
  • Haruka (陽花) Bowl
    世界限定: 5ピース
    ウェッジウッドの伝統的なモチーフであるデイジーを、立体感を持たせながら流れるように有機的にあしらいました。優しい色味をしたペールイエロージャスパーの上で、まるで温かい陽射しを受け、デイジーの花々が踊っているかのようです。
  • Touka (透花) Vase
    世界限定: 5ピース
    「ぼんぼり」の形状を参考にしたベース。緑がかったティール ブルージャスパーに、細野仁美氏の好きな花、菊をあしらいました。一部の花びらの部分が光を通すようなデザインになっていることから「Touka (透花) 」と名付けられました。
  • Shunko (春光)
    世界限定: 5ピース
    海辺の小石に着想を得た丸みを帯びた長方形のシェイプと、そこに施された桜の葉のモチーフが特徴のボックス。桜の花を思わせる淡いピンク色と、今まさに木から舞い落ちてきたかのような臨場感のある桜の葉が、春光の名の通り、穏やかな佇まいを醸しだします。
  • Sansai(三彩)セット
    世界限定: 10ピース
    和菓子に合わせることをイメージしてデザインされた、スモールサイズの3種。(左から)Wakaba(若葉):アーカンサスの葉があしらわれています。Koharu (小春): デイジーの花をまとった卵型のオーナメント。Kayuu (花遊): まさに花が遊んでいるかの如く、菊の花が配されています。